このブログは、
京都にある 大谷大学 仏教学科 のスタッフによる共有ブログです。
 大谷大学仏教学科のスタッフが、日々感じたこと・思ったことを綴っていきます。

2016年11月28日

2016年度公開講演会のご案内

 この度、仏教学会公開講演会を下記の通り開催することとなりました。
 講師の平岡聡先生は、京都文教大学の教授で、2014年度からは同大学の学長職を務めていらっしゃいます。先生はこれまで、『ディヴィヤ・アヴァダーナ』や『マハーヴァストゥ』といった部派仏教の仏伝文献を主な研究領域として、数多くの業績を発表してこられました。
 諸事ご多用のことと存じますが、何卒御来聴下さいますよう、ご案内申し上げます。


                 記

日時:2016年12月8日(木)16:20〜17:50
会場:メディアホール(響流館3階)
講師:平岡聡 氏(京都文教大学教授)
講題:初期大乗経典誕生の背景

講演要旨:初期経典と大乗経典とを比較すれば、初期経典の内容が順次発展
して大乗経典が誕生したとは思えないほど、その表現形態は大きく異なります。
では、初期経典を無視して大乗経典が誕生したのかというと、そうではあり
ません。それを解く鍵は仏伝、すなわちブッダの伝記にあります。大乗経典が
理想に掲げる成仏思想は、当然、最初に仏(覚者)になったブッダを手本に
しているはずです。というわけで、「仏伝」をキーワードにしながら、初期の
大乗経典が誕生した背景について解説します。
posted by 慧思 at 08:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教学会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

研究発表例会&史跡踏査

 随分と長い間ご無沙汰してしまいました。

 今回は、大谷大学仏教学会のイベントを2つお知らせいたします。

 一つ目は、「研究発表例会」です。
ロバート・ローズ 教授
 「源信の菩提心観」
稲葉 維摩 助教
 「パーリ語文献における「目覚める」と「目覚めさせる」について」
日時:11月21日(月) 第5講時(16:20〜)
会場:マルチメディア演習室
事前申込などは必要ありません。



 2つ目は、史跡踏査です。
 今年は、石山寺に行くことになりました。
 何と、33年ぶりのご開扉が為されています。

 いつものことながら、参加費はたったの500円! 多分、昼食だけでモトは取れます。
 総合研究室の助教の先生方に、参加費を添えてお申し込み下さい。
posted by 慧思 at 09:25| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教学会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

スイスイ出願

仏教学をやってみようという人
インドに行ってみようという人

お待ちしています。

【スイスイ出願】
http://www.otani.ac.jp/nyushi/application-method.html

 
posted by A.M. at 00:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

水俣病公式確認60年「原一男監督講演会」

今年は水俣病公式確認から60年です。

映画監督・原一男氏をお招きして、公開講演会(+参考上映 MINAMATA NOW!)を開催します。ご承知のとおり、原一男氏は、「さようならCP」「ゆきゆきて、神軍」などのフィルムで著名な方です。原氏は、〈水俣病の現在〉の映像をとっておられ、今回その詳細についてお話いただきます。貴重な機会です。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

10/21(金)午後6時〜7時半
(5:20開場)
大谷大学響流館(こうるかん)3F メディアホール

事前申込不要・当日券のみ
130席(人数に限りがあり、入場頂けない場合がございます)

問い合わせ先
大谷大学仏教学科
Tel: 075-432-3131(大学代表)
箕浦暁雄 akio■res.otani.ac.jp
〈■を@にかえて送信ください〉

【大谷大学告知ページ】http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq000004r687.html
posted by A.M. at 00:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

8/5(金)6時〈シリーズ 仏教×現代〉映画上映会 三上智恵監督「標的の村」

8/5(金)〈シリーズ 仏教×現代〉映画上映会 三上智恵監督「標的の村」開催します。
一般の来場大歓迎です。事前申込不要です。ぜひお越しください。入場料100円

詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq000004ia7f.html

posted by A.M. at 21:41| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

2016年度 高校生のための仏教講座

 今年もやります! 「高校生のための仏教講座」!

日時:8月5日(金) 10:00〜

会場:マルチメディア演習室(響流館3階)

日程:

 10:00〜10:50

  1.仏教とはなんだろう?

   仏教学科准教授 釆睪 晃

 11:00〜11:50

  2.日本に根づいた仏教

   仏教学科教授 ロバート・F・ローズ

 13:00〜13:50

  3.現代に仏教は必要か

   仏教学科教授 織田顕祐

続きを読む
posted by 慧思 at 14:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教学会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

SAT利用者講習会

 「大正新脩大蔵経テキストデータベース(SAT)利用者講習会」を下記の如く開催いたします。

 「大正新脩大蔵経テキストデータベース(SAT)」(http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/)は、仏教の基本典籍叢書である『大正新脩大蔵経』をテキストデータベース化したものです。

 また、他の様々なオンラインデータベースとの連携をはかっており、単純なキーワード検索だけではなく、多様な利用が可能です。

 仏教学や真宗学のみならず、文学、歴史、更には人文学分野でのデータベース利用にご関心のある方に、是非ともご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

 また、情報コアのご協力により、学外からの参加者にも学内LANの臨時アカウントを発行して頂けることとなりました。学外のお知り合いにご興味をお持ちの方がおられましたら、是非お誘い合わせてご参加下さい。

〈チラシPDF〉

       記

日時:6月15日(水) 第3講時(13:00-14:30)、第4講時(14:40-16:10)
         同一内容を2回開催して頂きます。
         ご都合のつく時間にご参加下さい。

会場:情報処理教室1 (大谷大学1号館3階)

講師:永崎研宣氏(一般財団法人 人文情報学研究所)

  • 「情報処理教室1」は、Wi-Fiが使えます。OUNET(大谷大学学内LAN)アカウントをお持ちの方は、ご自身のノートパソコンを持ち込んで頂くことも可能です。
  • 学外の方にはゲストアカウントを発行いたします。
  • 事前申込は必要ありません。
  • 無料です。

続きを読む
posted by 慧思 at 21:41| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教学会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

公開講演会「ローマと初期ビザンチン芸術における天界と永遠の時間の表現について:ブリゲティオのローマ様式壁画の解釈」

 大谷大学の学術交流協定校であるエトヴェシ・ロラーンド大学のラズロ・ボルヒ先生(人文学部学部長)を講師にお迎えして、国際仏教研究の2016年度第1回公開講演会が、真宗総合研究所国際仏教研究班によって開催されます。

 是非ご来聴下さいますよう、ご案内申し上げます。

続きを読む
posted by 慧思 at 03:19| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

シンポジウム「仏陀の言葉とその解釈」

 大谷大学真宗総合研究所国際仏教研究班は、学術交流協定校のエトヴェシ・ロラーンド大学の東アジア研究所との共催によりまして、「仏陀の言葉とその解釈」というテーマのもと、下記の通り、国際シンポジウムを開催いたします。

 当然ながら、大谷大学仏教学科からも多くの先生が発表されます。
 お時間の都合がつく方は、ぜひ足をお運び下さい。

→ 大学ウェブでの広報

ポスター


続きを読む
posted by 慧思 at 10:58| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンパス点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

大谷大学仏教学会新入会員歓迎講演会が開催されました。

 4月14日(水)3限目に、大谷大学仏教学会新入会員歓迎講演会が開かれました。今年度、仏教学科に入学した新入生を中心とした、仏教学会への新入会員をよろこんで迎えるというものです。学会長の織田顕祐先生が講演をなさいました。題目は「ブッダはなぜ出家したのか?」です。
 織田先生が○十年まえに学生として大谷大学に入学し、ある授業を受講した時、担当の先生が話されたことに「びっくりした」ということから話しが始まりました。そして、ブッダの四門出遊のエピソードがボロブドゥールの壁画とともに紹介され、最後に清澤満之「御進講覚書」の一節が紹介されました。
 参加された皆さん、とても熱心に耳を傾け、様々な感想を持ったようです。
 なお、今回の講演は今年度に発刊される『仏教学セミナー』に掲載されますので、こちらも楽しみにしていてください。

 講演の様子はこちらからご覧下さい。
 https://onedrive.live.com/redir?resid=203EA341F2736470!514&authkey=!ABnvcpJ54dY1-Tw&ithint=folder%2cjpg
posted by IY at 09:17| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教学会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする