2013年05月16日

「平山郁夫 悠久のシルクロード」展見学会のお知らせ

 突然ですが、仏像を見に行きませんか。イケメンです。会場は、ガンダーラ・愛の国るんるん……ではなく、京都駅から徒歩10分、龍谷ミュージアムです。

 みなさん。仏像というのはお寺や博物館に当然いらっしゃるものだと思っていませんか?
仏像というのは、実は”つくることができない”ものでした。これは、2000年ほど前の話。
そして、博物館ごと襲われ、破壊されたり略奪されたりもしました。これは、ここ数年の話。

 初めて仏像が制作された地・ガンダーラの仏像や、お釈迦さんの人生の一コマを描いた仏伝図の展覧会「平山郁夫 悠久のシルクロード」が、龍谷ミュージアムで開催されています。
 平山郁夫さんは2009年に亡くなった日本画の大家ですが、文化財保護に尽力した方でもあります。この展覧会では、平山郁夫さんのコレクションからガンダーラを含むシルクロードの仏教美術の優品だけでなく、アフガニスタン国立博物館から、戦争の混乱の中で略奪され、その後平山郁夫さんに保護されていた貴重な美術作品をも見ることができます。

 この貴重な機会を逃すまじ。ということで、来たる25日、仏教学科では見学会を開催します。ガンダーラ美術を専門とする教員の楽しい解説付きで、シルクロードの魅力に迫ります。意外と、日本とも関連があるのですよ。詳細はこちら↓↓↓
「平山郁夫 悠久のシルクロード」展見学会
exclamation×2参加を希望する人は、総合研究室・助教の上原までお申し込みください。
・申込締切:5月21日(火)
・開催日時:5月25日(土)14:30〜
・集合場所:龍谷ミュージアム地下1階・エントランスホール
※参加費用は仏教学科で負担します。

 もちろん、仏教学科以外の学科のひとも歓迎揺れるハートです。
みなさんお誘い合わせの上、ご参加くださいね。
お父さんもお母さんも、おじいちゃんもおばあちゃんもご参加いただけますよ。
参加の申し込み、お待ちしています。

posted by e.u. at 18:16| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他、お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冒頭が……(^_^;)

上原先生って、後醍醐の世代じゃないですよね?

つまらぬことを書き込みました。スミマセン。
Posted by huang at 2013年05月21日 20:49
違います。そんなわけがありません。
しかし、とある美術館で生で聞いたことならあります。アカペラで。
なぜガンダーラなのかというと、響きがなんだかカッコよかったから、という裏話(?)のおまけ付きでした……。
そんなことより!ご参加くださいね。
Posted by e.u. at 2013年05月22日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361596057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。