2016年01月19日

京都・宗教系大学院連合 公開シンポジウム

大谷大学を開場にして公開シンポジウムが開催されます。ぜひ、お越しください。以下、K-GURSサイトから転載致します。

今週土曜日です!

+++++++

下記の通り、K-GURS公開シンポジウムを開催致します。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

日時:2016年1月23日(土)午後1時30分
場所:大谷大学 響流館(こうるかん)3F メディアホール
テーマ:「日本宗教のこれまでとこれから」
基調講演:末木文美士氏(日本国際文化研究センター名誉教授)
コメンテーター
 仏教の立場から    桂 紹隆 氏(広島大学名誉教授)
 キリスト教の立場から 三宅威仁 氏(同志社大学教授)
 イスラム教の立場から 四戸潤弥 氏(同志社大学教授)
 神道の立場から    櫻井治男 氏(皇學館大学特別教授)

※ 入場無料・来聴歓迎

******************************************************
主催:京都・宗教系大学院連合(K-GURS)
http://www.kgurs.jp

お問い合わせ先:
京都・宗教系大学院連合(K-GURS)事務局
大谷大学一楽真(いちらく まこと)研究室
〒603-8143 京都市北区上総町大谷大学 内
TEL 075-432-3131(大谷大学代表)
E-mail: staff@kgurs.jp

 
posted by A.M. at 15:52| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432752456
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック