2016年04月01日

ご入学、おめでとうございます!

入学式式場入口 仏教学科入学式を終えたところ。 本日、大谷大学の入学式が執り行われました。

 今年度も、仏教学科に多くの新入生を迎えることができました。


 ご入学された皆さん、おめでとうございます。

 これから一緒に学んでいきましょう!

 式典の中では、「三誓偈」という『仏説無量寿経』の一説が読誦されました。

 これは、法蔵菩薩という人が、

我建超世願
(何回生まれ変わってでも、私はコレを実現したいんだッ!)

と願いを立てられた時の偈(歌)です。

 新入生の皆さんも願いをもって入学されたことでしょう。

 その「願い」は、一人ひとり異なったものでもありましょう。或いは、欲望の実現を自らの願いだと勘違いしている人もいるでしょう。また、自分が何を願っているのか気付いていない方も少なくないでしょう。

 自らの願いが何なのか気付くことができれば、たとえ何回生まれ変わろうとも歩みを進めていくことができるのかも知れません。

 リルケという人の詩に、次のような一節があります。

あたかも牢獄を逃れるごとく 人はみな自己の前を逃れんとすれども

世に一つの大いなる奇跡あり 我は感ず 「いのちみな生きらるべし」と

リルケ『時禱集』(信國淳訳)

 私は取り敢えずまだ死んではいませんが、死んでいないというだけで生きていると言えるのでしょうか。私のいのちが生きているといえるのはどのような時なのでしょうか。

 学長の告示や学園からの祝辞にもありましたように、現在の私たちはあまりに性急に答を出そうとし過ぎるのかも知れません。大谷大学で学んでいかれる何年間かの歩みの中で、一緒に考えていきたいと思います。

posted by 慧思 at 11:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンパス点描 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。