2017年08月05日

「高校生のための仏教講座」が開催されました。&告知


 今日はオープンキャンパスでした。
 明日もオープンキャンパスです。

 私が高校生の頃にはオープンキャンパスなんて無かったので、大学の雰囲気を確かめてから受験できる今の高校生がウラヤマシイです。大谷大学や仏教というものに少しでも関心がある方は、是非おいで下さい。
 この2日間は、京都の多くの大学でオープンキャンパスが開催されるので、他の大学と比較するためにも、ぜひ大谷大学に脚を運んで下さい。

 で、今年も例年同様、8月上旬のオープンキャンパス前日(今年は8月4日)に、仏教学会主催「高校生のための仏教講座」が開催されました。

 今年の講義担当は、山本和彦先生とロバート・F・ローズ先生でした。

 山本和彦先生からは「仏教における人間の目的」、
 ロバート・F・ローズ先生からは「争いを超える道―ティク・ナット・ハンの仏教思想に学ぶ―」
というテーマでご講義頂きました。

 今年も、高校生ばかりではなく、〈かつての高校生〉が数多く参加して下さいました。有難いことです。(あ、モチロン、高校生の方も大歓迎です!) 今回は、山本先生がコミュニティラジオで告知して下さったことも効果があったのかも知れません。(インターネット経由で録音MP3を聞くことができます。→アーカイブページ (19分30秒辺りからの「谷大ピックアップ」コーナーにて))


 「仏教学科には寺院子弟しか行かないんじゃないか」と思われたりしますが、実際に仏教学科に入学してこられる学生さんは寺院子弟以外の方が多かったりします。今回講義を担当して下さった山本先生もローズ先生もお寺の出身ではありません。
 色んな人に仏教に興味を持って頂きたいと思います。(モチロン、その上で仏教学科に入学して下さるとなおうれしいです。)




 仏教の幅広さを示すものとして、
  アニメを観て仏教を語る会
が催されます。





8月7日(月) 午後2時から、

慶聞館(きょうもんかん・新しい建物)5階(最上階!)K501教室 にて

『まどか☆マギカ』(テレビ版)

を観て、いろいろと感じることを語り合いたいと思います。


この作品は、あつぅ〜い仏教徒たちが、その中に仏教思想を(勝手に)読み取って感動したアニメです。


ホントに仏教と関係あるのか、
ホトケさんもボサツさんも登場しない物語のどこに仏教があるのか、
仏教にはどれだけの幅広さがあるのか、


などなど……、さまざまな立場の人に集まって頂いてさまざまなことを語り合いたいと思います。


是非とも、色んなお考えの人に集まって頂きたいと思います。
posted by 慧思 at 23:03| 京都 ☀| Comment(0) | 仏教学会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]